早朝ランニング、朝食前に走ってみる。

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私がスロージョギングにチャレンジしていることは

すでにお話しました。

 

⇒ スロージョギングなら身体を傷めずに長く走れる

 

 

ここでご紹介した本の中で知ったのは、

朝食前に走ることでダイエット効果が高まる」こと。

 

 

お腹に何も入ってない状態で走ると

脂肪を優先的に燃やしてくれるらしいんです。

 

お腹の中に何も入っていませんから、

必要なエネルギーは食事で得た食べ物ではなく、

体内に備蓄された脂肪から燃焼されていきます。

 

 

食事もしないで走ったら倒れちゃうよ!

 

と思っていたのですが、

やってみると案外走れてしまいます。

 

 

 

暑い季節には

早朝ランニングは涼しくてとても走りやすくて快適です。

 

また、空気中にチリやゴミが浮遊できないために、

空気がとても澄んできれいです。

 

 

実際やってみると、

なんとなくですが本当に身体がホッソリしてきました。

 

 

本の中ではこのあたりのことも

しっかり検証データを示してくれています。

 

 

ですが、早朝ランニングには少々注意点もあります。

 

 

走る前には必ずコップ1杯の水を飲んでから。

人は睡眠中も汗をかき水分が失われていきます。

そうすると血液中の水分が不足して血液がドロドロしていきます。

 

寝ている間に500ml以上の水分を失っていると言いますから、

しっかり水分補給してから出かけましょう。

 

 

血圧が高い人は、

朝起きてすぐに運動すると血圧が上がり、脳卒中の危険性があります。

脳梗塞心筋梗塞なども午前中が圧倒的に多いらしい。

 

朝起きてすぐにランニングをすると血圧が上昇しますから、

あまりに過度な運動はよくありません。

 

ウォーキングやスロージョギングなどであれば

体を慣らす程度の運動量なので危険は少ないでしょう。

 

私は小さなペットボトルに少量の水を入れて

ウェストポーチに入れて出かけます。

 

 

もう少し続けてみてから

自分自身の経験として結果検証してみようと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ