お腹を引っ込めるにはまずはバンザイから。

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ちょっと試してみてください。

 

直立した状態からバンザイをしてみてください。

両腕が耳に触れるように。

 

実はバンザイして背筋が伸びるとお腹が引っ込みます。

 

バンザイしたお腹の状態をキープしたまま

腕を下げてお腹を触ってみてください。

 

banzai

 

ね、お腹が引っ込んでるでしょ?

 

 

そのお腹をキープしたまま

気を付けをするとお腹が引っ込んだ良い姿勢です。

 

 

実はお腹を引っ込めるための筋力も必要で、

内臓を持ち上げて支える役割をしています。

 

ところが、

 

 

50歳を過ぎると(40代にもたくさんいますが)

この筋肉が弱っているから内臓が下に落ちてきてしまい、

お腹が出ちゃうわけです。

 

このようにお腹を引っ込める運動を(ドローイン)といいます。

 

drawin

 

これ、普段運動しない人がやっても最初は全然できません。

日頃意識してやるものじゃなし、すっかり弱ってますからね。

 

 

だからドローインが30秒できるようになるだけで

お腹が引っ込んで見えます。

 

 

とはいえ、お腹を引っ込めるという感覚そのものが

わからなくなっている人がけっこういます。

私自身もそうでした。

 

でも、

太っていてもバンザイをすれば多少なりともお腹が引っ込みます。

その姿勢をキープするところから始めましょう。

 

 

ところが、太っている人や長らく運動不足の人は

バンザイをやろうとしても

まず腕がまっすぐ上がらないケースが多いですね。

 

 

実はバンザイができるためには

脇腹や背中の筋肉が伸びないといけません。

 

日頃、こういった筋肉を使うことは案外少ないので、

腕が上がらない人が多いんですねー。

 

 

ということで、

バンザイができるように脇腹や背中のストレッチが必要になります。

 

 

⇒  バンザイストレッチ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:ストレッチ 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ